diatomi.com,ゲーム , レガシーシステム , 任天堂システム , ニンテンドーDS , 周辺機器・アクセサリ,/esophagodynia720016.html,852円,ワザポン用ウラワザコード集『ワザコレ2』 diatomi.com,ゲーム , レガシーシステム , 任天堂システム , ニンテンドーDS , 周辺機器・アクセサリ,/esophagodynia720016.html,852円,ワザポン用ウラワザコード集『ワザコレ2』 852円 ワザポン用ウラワザコード集『ワザコレ2』 ゲーム レガシーシステム 任天堂システム ニンテンドーDS 周辺機器・アクセサリ ワザポン用ウラワザコード集 種類豊富な品揃え ワザコレ2 ワザポン用ウラワザコード集 種類豊富な品揃え ワザコレ2 852円 ワザポン用ウラワザコード集『ワザコレ2』 ゲーム レガシーシステム 任天堂システム ニンテンドーDS 周辺機器・アクセサリ

ワザポン用ウラワザコード集 83%以上節約 種類豊富な品揃え ワザコレ2

ワザポン用ウラワザコード集『ワザコレ2』

852円

ワザポン用ウラワザコード集『ワザコレ2』

商品の説明

"span"『ワザコレ』以降に公開された厳選のウラワザを一挙収録!

◆特徴1:DS用ウラワザコード集第2弾!大好評のワザポン用ウラワザコード集に、早くも第2弾が登場!『ワザコレ』発売以降にフリー冊子『タダコー』等で公開されたウラワザや、未公開のウラワザに加え、最新のウラワザを一挙 多数収録!ゲームがもっと楽しくなります!

◆特徴2:ワザコレをお持ちの方にもお得『ワザコレ』に掲載されたタイトルで、それ以降に追加された新しいウラワザも多数掲載!『ワザコレ』を持っているお客様にもオススメです!

◆特徴3:最新の72タイトル掲載予定!掲載タイトル数は、厳選された約72タイトル! ウラワザ効果は約11,000効果を予定!内蔵 タイトルの追加も含め多数掲載しています。

◆特徴4:初心者でも分かりやすい!ウラワザコードページの見方や、『タダコーweb』の登録方法・使用方法などを初心者にも分かりやすく解説!初心者にもオススメできる一冊!

◆特徴5:同時購入にもおススメ!『ワザポン』はもちろん『ワザコレ』との同時購入にも最適!セットで購入すれば楽しさ倍増!『タダコー』が入手できなかった方にも是非!

ワザポン用ウラワザコード集『ワザコレ2』

50音順で探す (一般的な用語から)50音順でさがす さらにくわしく
(詳細な用語から)50音順でさがす さらにくわしく
効果からレトリックを探す
  • ■相容れない:一見すると、食い違いがあって矛盾している? 逆説法 /矛盾する相容れないことばを無理に結びつけて、なんらかの意味を生みだす▶対義結合
  • ■合いことば:標語に使うことで、インパクトのあることばをつくる▶頭韻 /反社会的な集団が持っている情報を、一般の人に知られないようにする▶ 隠語/婉曲的なことばづかいで、多くのばあい「隠語」の性格を持つ▶ 女房詞 /標語に使うことで、インパクトのあることばをつくる▶ 押韻 /標語に使うことで、インパクトのあることばをつくる▶ 脚韻 /ことわざなどに使われており、新しいスローガンなどつくることができる▶ 兼用法
  • ■愛情:かなり広い範囲にわたって、いろいろな感情を示す▶ 感嘆法 /自分の恋人など、愛しあっているを呼ぶときに使う▶ 愛称語
  • ■愛称語 :愛称をつけて呼んだり、あだ名で呼んだりする▶愛称語
さらにくわしく
サイト内を全文検索とか

おすとらんだむ(全206個からランダム)
レトリックとは何か 「知恵袋」よりはマシな説明をする  うまい言いまわしのこと。
 レトリックとは、ことばをうまく使うことです。
 ここでは「上手い」「巧い」「旨い」の3つの意味に分けて、説明をしてみます。

 「上手い」レトリック。おどろくような、印象に残る言いあらわしかたをする。
 うまく気持ちが伝わるような、心のこもったことばを使う。同じ考えかたを持ってもらえるように、受け入れやすくなる言いかたをする。
  「レトリック」とはそういった、すごいと思うような表現をまとめたものです。 さらにくわしく(外部サイトです)

レトリックの小辞典 さらにくわしく
レトリックの定義
レトリックの定義
このサイトでは、レトリックを「効果的な言語表現を工夫する」という意味として使っています。 考えかたとしては、当たり障りのないものです。 さらにくわしく
レトリックが持つマイナスのイメージ
「レトリック」ということばには、良くないイメージを持つ人が多いのではないかと思います。 さらにくわしく
  
参考資料など
参考資料など代表的な本の一覧 五十嵐力『新文章講話』(抄) 島村抱月『新美辭學』(抄)
サイトの説明
参考資料など代表的な本の一覧 サイトの内容 作者とメアドなど リンクフリーとか 著作権 リンク集